50歳でも定期的に生理があります。

50歳の主婦です。

同年代の友人の中にはすでに更年期に入った人が多くいますが、私にはその兆候は全く無く、まだ定期的に生理があります。月経前症候群についてはおなかが痛くなったり、頭痛がひどいなど、いろいろ聞いたことがあります。しかし、生理の2,3日前になると、ちょっと目の奥が痛むかな?と思うことはありますが、日常生活に支障をきたすような症状を経験したことがありません。また、精神的にも怒りやすくなったり、いらいらきたり、他人にやつあたりしたくなることもありません。普段から大豆製品をしっかりとっているからなのかな?と思ったことがあります。朝は基本的に何も食べないで、水やココナッツジュースなどをのみます。そして、一日の食事または間食には必ず、ソヤミルクをのんだり、自家製ソヤヨーグルトなどを食べます。
多くの女性が経験する、ヘビーな症状がなくてラッキーな私ですが、ひとつ困ったことがあります。それは、排卵日が近づくとむらむらと、昼間っからセクシーな気分になることです。実際、セックスをするととても感じやすいです。おりものや愛液の量も極端に増えるのです。私も夫もすでに子作りの年代は過ぎていますので、間違っても妊娠したくありません。ですので、排卵日の前後に何の避妊もせずセックスをするのは、危険だというのはわかっているのですが、気持ちが押さえ切れないことがあり困ります。夫はコンドームが嫌いなので、私は今までピルを飲んで来ましたが、現在はやめています。そのせいか、少し前までは排卵日前に性的欲求が高まることも、感じやすくなることもなかったのですが、最近、乳首までが敏感になってきて、自分の体の変化に驚いています。私の年代ですと、もうそろそろ更年期でもおかしくないし、そうなったら性欲は減るのだろうと思っていましたが、私の場合は逆で、むしろ今の方が30代から40代前半のころよりも、セックスをたのしめるようになったのはほんとうに不思議です。排卵日が過ぎ、生理が始まるまでの期間は、おりものの量はグーンと減り、性欲は落ち着きます。その頃は胸がはったり、体が少し浮腫んでいるかな?と感じることはあります。一年ほど前から、一日おきに10キロメートルほどのジョギングをしています。走っていて一番調子がいいのは生理が終わったばかりの頃で、一番悪いのは10日ほど前だということがわかってきました。調子がわるいというのは、走っていて疲れやすかったり、力がでない、ということです。ジョギングは脂質を使って走らねばならないので、ひょっとしたら生理前のこの時期は、脂質をエネルギーに変える代謝能力がおちているのかな?と思いながら走っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ