生理前に起こりやすい変化〜体重が増える〜

生理前に起こりやすい変化〜体重が増える〜

"生理前になると、何だか太りやすいという体の変化を感じる女性は、少なくありません。
「気のせい」だと思われがちな、生理前に体重が増える現象ですが、実は気のせいではなくホルモンが関係していると、考えられています。

 

女性は卵巣で卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが作られています。
排卵すると黄体ホルモンの分泌が増加し、妊娠しやすい体質へと変化するのです。
黄体ホルモンは子宮内膜を増殖させ、受精卵が着床しやすい環境を整えます。

 

この黄体ホルモンの分泌が少なかったり、分泌されないと生理周期が乱れたり、生理が止まってしまう、不妊の原因にもなってしまうので注意しましょう。
ただ、女性にとって必要不可欠なホルモンではありますが、この黄体ホルモンが生理前に体重増加を招いていると言われています。

 

黄体ホルモンは、体に水分を溜め込む性質を持つ女性ホルモンです。
生理の前になると、体がむくみやすいという変化を感じる方も、少なくないと思います。
黄体ホルモンは妊娠しやすくなるよう、体に水分を貯めてしまう為、むくみから体重を増加させてしまいます。

 

また、腸内の水分も吸収してしまう為、生理前になると便秘になりがちです。
便秘によって体重が増えると、感じるかもしれません。

 

水分だけでなく、脂肪も蓄積しやすくなる為、生理前になるとどうしても体重は増える傾向にあります。

 

この他に、PMSにより食欲が増加し暴飲暴食してしまう事も、体重増加の原因です。
PMSは月経前症候群とも言われており、この名前の通り生理前に起こる症状です。
イライラするなど精神的な症状も現れます。
ストレスを感じ甘い物を食べすぎてしまい、太ってしまうという女性も多いようです。

 

このように、生理の前は女性ホルモンの関係から、体重は増えやすい体質となってしまいます。
ストレッチやマッサージなど、むくみを改善するようなケアなど行い、リラックスする事がお勧めです。


ホーム RSS購読 サイトマップ