PMS治療薬の「プレフェミン」とは

PMS治療薬の「プレフェミン」とは

生理前になると、ちょっとした事でイライラしてしまう、不安感が強くなるといった精神的な症状から、胸が張る、便秘、頭痛など親愛的な症状まで、様々な不快な症状を感じる女性は少なくありません。

 

何となく生理前になると体の調子が悪くなるという場合、PMSを引き起こしている恐れがあります。
PMSは月経前症候群とも言われており、この名前の通り、生理前に起こるのが特徴です。
なぜ、このような症状が起こるのかというと、女性ホルモンが大きく関わっていると考えられます。
女性は卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが、体の中で作られています。
排卵し、生理前になると黄体ホルモンの分泌が高まります。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが、生理前になると変わってくる為、これにより様々な不快な症状が起こるのです。

 

毎月、PMSで悩んでいる方は「プレフェミン」という治療薬で、ケアをしてみましょう。
プレフェミンは調剤薬局などで購入できる、市販の治療薬です。
チェストベリーという有効成分が含まれています。
チェストベリーはチェストツリーという植物から取れる果実で、西洋では古くから婦人科系の病気の治療に使われてきたハーブです。

 

チェストベリーは女性ホルモンのバランスを整える作用がある為、プレフェミンを服用する事で、生理前の様々な症状を緩和する効果が期待できるのです。
プレフェミンは毎日1錠を、服用するだけでPMSの改善効果が見られます。
ただし、女性ホルモンのバランスを一定にする為、できるだけ同じ時間帯に服用する事が推奨されています。
プレフェミンの服用により、胸の張りやイライラ感、不安感などを解消できるでしょう。

 

プレフェミンは現在、市販されている治療薬の中では、唯一のPMS治療薬と言われています。
医薬品となっているので効能効果は認められています。
今まで生理前の辛い症状を我慢してきたという方は、プレフェミンを活用してみてはいかがでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ